タイプについて

症状を説明する人

症状で知っておくと良い情報

うつ病とは、気分障害の一種で時代の変化と共に様々なタイプが誕生しています。例えば、会社に行くとうつ状態になのに仕事を休むと元気になるという一見怠けている印象を受けますが、これも立派なうつ病の症状です。しかしうつ病でも、皆同じ症状が出るというわけではなく、発症した人で違いがあります。主に軽症、中等症、重症に割り当てることができます。これらは症状の重さや程度によって、治療法が異なります。それ以外の症状は、不明に分けられます。重症化すると、普段の生活もままならなくなり結果入院に発展する可能性もあります。そのような状態にならないよう、うつ病のタイプを知り專門のクリニックで治療を行いましょう。

うつで工夫することについて

うつ病の中には、第三者でも気付かれないタイプが存在します。これはその他に分類されますのでいくつかのタイプを把握しておきましょう。頭痛や体の痛みやしびれは、自身がうつ病と気付く前に出てくる症状になります。これを仮面うつ病と呼びますが、症状として体に現れない状態のことを言いますので本人では判断がつかない場合が多いです。この場合、自分自身で症状の緩和を行うと完治が先延ばしになる可能性が否めないので、專門のクリニックへ受診をしましょう。ここでは、数多くのうつ病を見てきた医師が問診を参考に的確な診断を行います。また、経験豊富なので自身が語りたくない話を無理に行う必要はありません。クリニックへ行く勇気がない場合は、ネットのセリフチェックでうつ病のタイプを知ることができます。とは言え、うつ病の治療を自分一人で行うには相当な労力と思われます。しかし專門のクリニックであれば自身にあった治療法で快方が見えてきますので強い味方だと言えます。

 うつ病の症状について知っておくことは非常に大切なことです。なぜなら、うつ病を放置しておくと重症化し、症状も重篤な不眠に加え、希死念慮も強くなって、死に至る可能性もあるからです。実際、そうした可能性があるからこそ、精神科病院のデイケアでは患者に対して、病気の理解をしてもらうために心理教育等を行っています。そのうつ病の症状で知っておいた方が良いことは、過度な抑うつ気分や、不眠の他に、罪業妄想や貧困妄想等の妄想があることや、極端な白黒思考や、べき思考等があるということです。もし、これらうつ病の症状が一時的ではなく、2週間以上続くようなら、重篤なものと見て、早期に精神科の病院等を受診することをおすすめします。

 うつ病にならないため、もしくは、重症化しないために、自分で工夫できることがあります。まず一つ目が認知行動療法です。この認知行動療法とは、簡単に言えば、物事の捉え方を変えることであり、物事を否定的に捉えるのではなく、あらゆる可能性からポジティブに物事を捉えることを徹底することです。これはアメリカで大変な成果を上げており、日本においても、日常的に訓練することで、大幅にポジティブ思考に変えることもできます。そして、工夫できることのもう一つが薬物療法です。結局のところ、うつ病に最も効果があるのはお薬なのです。現在では多くの効果的な抗うつ薬が開発、販売されています。サインバルタ等はその代表的なもので、服薬を続けると、そのうち服薬しなくても症状が出なくなる人もいます。そのため、服薬をしっかりと行うことが効果的な工夫ということになります。