ポイントとは

話を聞く医師

決めつける前に受診を

うつ病とは、一種の気分障害になりますが長い期間続くと快方までに相当な時間を費やすことになります。これは、社会復帰が難しくなることを示しており、場合によっては長期入院を余儀なくされる可能性が出てきます。しかし、クリニックの受診自体を拒んだり、あるいは費用面で気になったりなど、何らかの理由で受診できない人もいるでしょう。自分自身で治療の緩和を目指すのなら、上記の理由で行っている人もいるはずです。長期間のうつ病は、場合によって一生付き合っていく可能性が極めて高くなる状態です。また、状態が悪化して自分の力ではどうにもできなくなった時、初めてクリニックの大切さを知るのです。第三者の力は偉大です。力になれるくらいの力は備わっているので、安心して治療に専念できると言えます。またこれまで、家族と共に症状の改善に力を入れていたでしょう。最初は良くても、もしたしたら支えている側がうつ病になってしまう可能性も否めないのです。そういった二次被害を出さない為にも、また、早急な改善を見込む意味でも医者と共に症状の改善ができるポイントを探っていくことは今後大変重要になってくるのです。

治療には時間がかかる

しかし、クリニックでうつ病の治療を行うにもストレスは多かれ少なかれ感じるものです。改善が見えたと思ったら、また気分の浮き沈みが出てきてしまったり体の調子がまったくそぐわなかったりなど、治療中に症状がぶり返すこともまれにあります。これでは、大きなストレスになってしまい治療をしている意味さえ分からなくなってしまいます。大事なポイントは、自身がうつ病であると自覚することです。患者は、調子が悪いだけと頭で理解し無理をしてしまう傾向にあり、うつ病であると認めません。やる気が起きない、気力がないなどの症状は立派なうつ状態であり、それを放置してしまっては症状の緩和は難しくなります。そのため医者による適切な治療が重要な鍵を握っているのです。大切なのは症状を隠さないで話をすること。これがストレス軽減に繋がり、より快方へと向かうのです。世間では、やる気が起きないというだけで怠け者扱いされる場合もあります。周りの理解を含めつつ、クリニックでの治療と併用してゆとりある生活を心がければ、うつ病は必ず改善され社会復帰も目前と言えるでしょう。

 自分でうつ病かどうかを判断するのは危険です。うつ病にはいくつかの診断基準があって、それらを複合的に見て判断する必要があります。たとえば気分が滅入ったり、何に対しても興味が無くなったり、眠れなくなったりなど、症状の軽重や頻度なども見なくてはなりません。  簡易的なセルフチェックもありますので、いくつかの症状が自分にあてはまるのであれば、迷わず精神科か心療内科を訪れてみましょう。医師は基準に従ってうつ病であるかどうかを診断してくれます。  また、本人がかたくなにうつであることを認めない場合もありますので、そういったときには周りの人たちが配慮しつつ、受診を促がす必要があります。疲労に似た症状もありますので、単に疲れているだけだと決めつけるのは危険です。

 うつ病は精神的症状とともに、身体にもあらゆる症状が出てきます。不眠や食欲不振をはじめ、めまいや性欲減退など、こういった症状から他の病気と勘違いしてしまうことも多々あります。  まずは受診することが大切ですが、それとともに充分な休息や睡眠をとることも重要になってきます。不眠の人は病院から処方された薬によって安眠することができます。  心的な圧迫から開放されることを最優先とし、そのためには周りの協力も欠かせません。うつ病患者は常に不安をかかえています。叱咤激励は返って症状を悪化させることにつながりますので、本人を安心させたり、希望を与える言葉をかけてあげると良いでしょう。  少し状態が良くなったように見えても、実際は深く落ち込んでいることもあり、いつも目をかけておく必要があります。